日本花の会

花のまちづくり

花のまちづくりとは

花や緑をめぐり、地域の人と人とが関わり合いながら取り組むまちづくりのことをいいます。
そして、花や緑で彩と潤いのある豊かな生活を目指しています。

全国各地で広がる花のまちづくり

花のまちづくりは、身近な自然と地域の歴史・ 文化を大切にしながら環境に配慮し、四季折々 に咲く花を美しいと感じるような豊かな心を育むことを目指してきました。このような考えに賛同される方が徐々に多くなり、花のまちづくりコンクールは年々質の高まりと広がりが見られるようになりました。
この背景には、生活様式の変化や地域コミュ二ティの大切さが再認識され、自然環境の減少などがきっかけとなって、改めて一人ひとりが、花や緑の大切さを見直し、地域社会に何が必要かを考えた結果によるものと思います。

自然と人間との共生

1990年に大阪市で国際花と緑の博覧会が開催されました。基本理念に「自然と人間 との共生J を掲げ、花と緑と私たちの生活の関わりをとらえ、21世紀に向けて潤いのある 豊かな社会の創造をねらいとしていました。
全国花のまちづくりコンクールはこの理念を広く普及、実現するために、個人や地域社会に根ざした運動として、花のまちづくりが定着することを願っています。