日本花の会

花のまちづくり

誰もが楽しめる共有性(仲間づくり)

花壇の花々がうまく共生することで、その美しさと健全さが増します。花のまちづくりでも花に魅せられた人たちが互いに協力し合いながら、花の美しさを分かち合うことで、活動の核がつくられます。

“花の社会性” の具体例

楽しさを共有し仲間を増やす

写真:

美しい花は多くの人を魅了します。その美しさは誰もが共有できるものです。花が好きな仲間集まり、情報や技術、花の苗などを交換し、交流が盛んになることで、さらに仲間が増えます。

スキルアップする楽しみ

同じ種類の花でも植えた場所の管理の方法などによって、その生育状況は異なります。よりよい成果を目指して、花づくりの経験豊かな人からその“こつ”を教わりながら、独自に工夫して創造的に取り組むことで、より発展的な活動に進化します。

やりがいや充実感が得られる

写真:

きれいに咲いた花を他人から褒められるだけで大きな喜びや充実感がもたらされます。また何人かで活動すれば、各々が今まで培ってきた技術を発揮し、お互いに補完し合いながら、やりがいを持って取り組むことができます。

花のまちづくりの広がりと継続

見て美しく、育てて楽しい花のまちづくりは、地域への広がりと継続の可能性を秘めています。町の良いイメージづくりにつながります。