日本花の会

花のまちづくり

誰もが関われる花づくり(地域コミュニティづくり)

花や緑を育てるには水やり花殻摘み、除草、施肥など様々な管理作業が伴います。それぞれは軽作業なので、子どもからお年寄りまで誰もが気軽に参加できるのが花のまちづくりの特徴です。
しかも花を咲かせるという共通の分かりやすい目標を掲げることができるので、このことがコミュニティづくりの蕾となり、活動に参加した全員が協力し合いながらコミュニティの花も開かせます。地域が連携することで様々な波及効果も生みます。

“花の社会性” の具体例

手ごろに始められる花づくり

花は一鉢からでも育てることが可能です。敷地や時間の制約がある場合でも、できるだけ外に向けて花を飾ることを意識すれば、花のまちづくりにつながります。

地域ぐるみの活動

花の手入れは子どもからお年寄りまで誰もが取り組みやすく、効果や成果も得られやすいため、地域ぐるみの活動に適しており、世代間の交流やコミュニティづくりへと発展します。

善意・善行の花のまちづくり

定年などをきっかけに、地域のために役立つことをしたいという気持ちを持つ人も、地域貢献という構えた姿勢ではなくごく自然に趣味の一環として取り組むことができます。

地域内外の交流の促進

花を通じた共通の話題によって、住民間の交流が盛んになります。市町村合併したところではまちの融和につながっています。また、オープンガーデンなどのグループ同士で、地域を超えた交流も盛んに行われています。