日本花の会

花のまちづくり

感性を高める花と緑(人づくり)

花にはいろいろな種類があり、様々な環境に適応できる多様性と生命力を備えています。そのような花もまずは芽生えから始まり、咲かせた花は感動を与えてくれます。この感動は私たちの感性を育み、高めさせてくれます。花のまちづくりは、花から得られた豊かな感性をまちづくりにいかし、心地よく効率の良いまちづくりを目指します。

“花の社会性” の具体例

情操性の育成

花を育てるという他の「いのち」との触れ合いを通じ、豊かな感情や情緒を育み、他人を思いやる気持ちを養います。また、創造的で個性的な心も培います。

自立心や責任感の形成

子どもたちの道徳的な意識や価値観の形成にも役立ち、地域の一員としての自覚や責任感、愛着心を醸成します。

環境を思いやる気持ちを育む

花を育てることは自然との触れ合いに通じます。この触れ合いが自然環境を慈しむ心を芽生えさせ、無農薬管理への試みや生ゴミの堆肥化によるゴミの減量化などへの取り組みへと繋がります。

地域の身近な自然を大切にする心を培う

花壇づくりを通じて身近な自然の大切さを学び、自然と人との共生を目指します。

五感を刺激する

花の色彩や香り、土の感触は人間の感覚を刺激するため、園芸療法などとしても用いられています。病院や福祉施設においては、季節感を演出する花をもちいたイベントを開催し、地域との交流を図っています。