日本花の会

桜の名所づくり

日本花の会が関わった名所

日本花の会では創立から桜の名所づくりに取り組んできました。
ここでは当会が関わった桜の名所を紹介します。

桜の名所づくり 保全編

権現堂桜堤(埼玉県幸手市)

  • 写真:権現堂桜堤(埼玉県幸手市)
  • 写真:権現堂桜堤(埼玉県幸手市)

権現堂桜堤には全長1kmに約1000本の‘染井吉野’が植えられています。
終戦直後に植えられたものが多く、樹勢の衰えが目立ち始めました。当会が病害虫の駆除や枯れ枝の剪定、施肥などの方法を説明し、地域の住民ボランティアと協力して桜の保全に取組んでいます。

大学通りの桜並木(東京都国立市)

  • 写真:大学通りの桜並木(東京都国立市)
  • 写真:大学通りの桜並木(東京都国立市)

昭和8年に植えられた染井吉野を中心にヤマザクラ、里桜類211本が生育しています。
日本花の会では国立市の要請を受けて、市民ボランティアと協力して桜守活動を呼びかけ、桜の保全活動も一緒に行ってきました。
平成14年には第21回全国さくらシンポジウムが国立市で開催されました。

臥竜公園(長野県須坂市)

  • 写真:臥竜公園(長野県須坂市)
  • 写真:臥竜公園(長野県須坂市)

竜ケ池周辺に150本の桜が植えられており、市民ボランティアの臥竜公園桜守の会のメンバーが桜の保全・管理に携わっています。 日本花の会は桜守活動への協力や樹勢回復検討委員会のメンバーとして参画しています。
平成16年には第23回全国さくらシンポジウムが須坂市で開催されました。

上野恩賜公園(東京都台東区)

  • 写真:上野恩賜公園(東京都台東区)
  • 写真:上野恩賜公園(東京都台東区)

日本花の会では上野公園で桜の保全活動に取り組んでいる上野桜守の会の活動に協力して、 公園内の桜の品種同定調査やガイドマップづくり、樹勢回復、後継樹の接ぎ木増殖などで一緒に活動しています。