日本花の会

桜の名所づくり

日本花の会が関わった名所

日本花の会では創立から桜の名所づくりに取り組んできました。
ここでは当会が関わった桜の名所を紹介します。

桜の名所づくり 再生編

千葉県立青葉の森公園(千葉県千葉市)

  • 写真:千葉県立青葉の森公園(千葉県千葉市)
  • 写真:千葉県立青葉の森公園(千葉県千葉市)

千葉市の中心街に近い、約54haもの広さをもつ公園です。当会が平成5年~7年にかけて園内の桜の樹勢診断と見直し設計を受託し、現在はそれに従って桜が移植され、見ごたえのある桜の名所となっています。

糸川沿い(静岡県熱海市)

  • 写真:糸川沿い(静岡県熱海市)
  • 写真:糸川沿い(静岡県熱海市)

熱海市では中心市街地を流れる糸川沿いを熱海市にふさわしい観光名所にしようと桜並木をつくり直し、景観を一新しました。 日本花の会では、この桜並木の再生に設計等で協力しました。
高木は寒桜(熱海桜)に統一し、桜の根元周りに温暖な熱海市に似合う花木を植えて、彩りのある桜並木をつくりました。