公益財団法人日本花の会

facebook

桜の名所づくり

サクラ類てんぐ巣病

皆さんは桜は好きですか。桜を楽しむ期間は7~10日位ですが、美しく咲かせることや樹形を維持するためにはその何倍もの労力が必要です。各地にある桜の名所も同じ様な悩みを抱えているはずです。桜にとってなにが良いか一緒に考えて行きましょう。

1. 被害の発生状況

カビの一種が原因で発生する伝染病で、病気にかかった枝についた葉の裏面に形成された病原菌の胞子が、空気中に飛んで感染していきます。感染すると枝が異常に発生して、花が咲かなくなる病気です。放置しておくと感染した枝はやがて衰弱し、枯死してしまいます。

<開花の状態>

染井吉野の場合、病気にかかった枝は、開花時に葉が出るのでよく目立ちます。

2. 防除方法・予防方法

現時点では薬剤での防除方法が確立されていないため、病巣部を切除するしか有効な対策はありません。作業は落葉期間中に行います。1度の除去作業では取り残しなどがあるため、最低3年間は継続して除去作業を行うことが重要です。桜の中でも染井吉野は感染しやすい品種なので、周辺にこの病気にかかった桜がある場合にはこの品種を避けることや、病巣部の切除作業が出来ない場所には植えないことも一つの方法です。

サクラてんぐ巣病は、病気が発生した初期(写真左)に切除すると効果的に予防できますが、放置しておくと徐々に蔓延してしまいます。(写真右)