公益財団法人日本花の会

       

桜の名所づくり

こうやく病

皆さんは桜は好きですか。桜を楽しむ期間は7-10日位ですが、美しく咲かせることや樹形を維持するためにはその何倍もの労力が必要です。各地にある桜の名所も同じ様な悩みを抱えているはずです。桜にとってなにが良いか一緒に考えて行きましょう。

病原菌はカビの一種でカイガラムシ類と共生して繁殖し5-6月ごろ、この膜の表面に胞子を生じ感染します。枝や幹の表面に、灰白色や赤茶色の膜が形成されます。この膜は菌糸が集まったもので、これが多発すると樹勢が衰えます。

防除方法(予防方法)

ブラシなどでこすり落とすか、薬剤を罹病部に塗布します。共生関係にあるカイガラムシ類を防除するのも効果的です。
また、整枝・剪定を行い風通しや日当たりをよくしましょう。