学名

Cerasus sargentii var.sargentii

品種名

大山桜

読み方

オオヤマザクラ

樹形:広卵状

樹高:高木

花形:一重咲

花色:

花の大きさ:中輪

開花期:4月上旬

北海道、本州(北部、中部)、四国(剣山・石鎚山脈)に分布する野生種。花が山桜より大きいのでこの名がつけられました。成木の葉裏面が白色を帯びる、花序が散形状で花柄がほとんどない、芽の鱗片が著しく粘るといった特徴があります。九州での分布は知られていませんでしたが、最近宮崎県の白岩山で発見され、変種として霧立山桜(キリタチヤマザクラ)と命名されました。