学名

Cerasus campanulata

品種名

寒緋桜

読み方

カンヒザクラ

樹形:広卵状

樹高:亜高木

花形:一重咲

花色:紫紅

花の大きさ:中輪

開花期:3月中旬

中国南部、台湾に分布し、沖縄の石垣島、久米島でも見られますが、ここのものは本来の野生であるかどうかは不明です。寒い頃から濃紅色の花を咲かせることからこの名がつけられました。この桜と日本産の桜との交雑によりカンザクラ系統の諸品種が生まれました。