日本花の会

花のまちづくり

花の魅力をいかす

人が出入りする場所などにひと鉢の花が飾られているだけでも気持ちが落ち着きます。また、個人の庭で丁寧に手入れがされ、きれいに咲く花を見て、感動しない人は少なくありません。
花がもつ魅力は見て美しい、きれいだけではなく、まわりの風景と一緒になることで、魅力が何倍にも高まります。
では花の魅力とはどういうものでしょう。

  • 美しさ、華やかさ、香りを肌で感じる
    花には私たちの五感を奮い起こさせ、魅了する美しさや華やかさ、優しさ、香りがあります。これらをまちづくりにいかすことで、多くの感動が得られます。
  • 季節の移ろいや自然を身近に感じる
    花や緑を育てることで、季節が感じられます。このことは私たちが自然の一員であることや環境を思いやる気持ちを思い起こさせてくれます。
  • 成果が早く現れる
    花は種をまいてからわずか数ヶ月で花を咲かせます。そしてわずかな期間で、花壇つくることができます。季節毎の花の変化を楽しみに人が訪れ、地域がにぎわいを見せ、まちの活性化を促します。
  • 情操教育の一環として
    子供達が四季折々の花を育てることは、草花を愛しむ心を育み、生命の尊さを学べる絶好の機会となります。このことは人や生物への優しさにつながります。子供のころの体験や経験、感動した事は、いつまでも心に残っているものです。

こころを揺り動かすデザイン

“日本独自の花のスタイル”

西洋の庭づくりを見習う一方で、昔からある日本の庭園づくりの様式を現代風にアレンジして庭づくりに活かすことも必要です。
こうすることで日本独自の花のまちづくりのスタイルが確立されます。

地域らしさを演出

“花壇づくりに地域の自然や歴史、文化いかす”

その地域にある家並みや街並、山や川の自然、そして歴史や文化を守り育むことが地域らしさの表現につながります。
花壇づくりでも、その地域に昔から生育する草花やそこの気候風土に良く馴染んで育ちやすい宿根草などを使うと、地域らしい自然な感じを演出することができます。

季節感の演出

“宿根草や花木をうまく組み合わせる”

古くからあるヤマブキやアジサイなどの花木やキキョウ、シュウメイギクなどの宿根草は、季節を教えてくれるかのように花を咲かせます。
また、これらに限らず春を代表するハナナや秋のコスモスなども季節の風物詩として定着しています。
花による季節感の演出は、日本人が古くから自然と親しんできた良き伝統で、残していきたいものです。

いろんな種類の花を植える

“いろいろな花のコンビネーションを楽しむ”

花壇のデザインを決める一番のポイントは、花の種類の多さと多様さです。宿根草、球根、一年草、花木といった、いろんな種類の植物を植えることによって、変化に富んだデザインが生まれ、表現方法が自由に広がって行きます。
また、自然の中で植物が共生している姿を感じさせ、風情や深みも表現できます。

風情ある花飾り

“粋で風情な花飾りが町並みに映える”

昔からその地域にある容器や素材を工夫することによって、その地域の独自性が出てきます。
画一的で人工的なプランターは魅力に乏しいばかりでなく、管理するうえでも水やりが大変です。風情で粋な花のデザインを心がけましょう。