日本花の会

花のまちづくり

花のまちづくりの進め方

花のまちづくりは、住民の誰もが参加できる楽しい活動で、一人一人が地域社会に対して誇りと責任を持って行動することが活動の原点となりますが、地域の住民が世代を越えて協力し合い、住民と行政との協働(パートナーシップ)を進めることでコミュニティが発展し、より広がりのあるまちづくりに発展させます。

個人の自宅の花飾りから始める

花のまちづくりの最初の一歩は、自宅前の花飾りから始まります。それは小さなプランターからでも構いません。花を飾ることが最初の一歩です。小さな花飾りでも美しく飾ってあれば、付近に住む人の心を和ませる力があります。それが広がっていけば、まちづくりにきっとつながります。
近年ではオープンガーデンが日本各地で広がりを見せています。この仲間がまち中の花飾りに取り組むと質の高い花飾りが実現し、これをまねてまち並みがどんどんきれいになります。

住民同士の連携と広がり

小さな共有スペースを地域住民が一緒になって楽しみながら花を植え、会話をしながら飾る。こんな単純な作業だけでもコミニュティの輪が広がり、地域全体が花できれいになります。住民同士の連携を意識して活動するようにしましょう。

協働とパートナーシップ

花のまちづくりは行政との協働で行うまちづくりです。また、住民団体や企業などが互いにパートナーシップで連携し、役割を分担して進めることが、新たな地域の発展にもつながります。

子どもの参加

これからの地域社会を担う子ども達も一緒になって、花のまちづくりを進めます。このことによって子ども達に優しい心が育ち、同時に自主性や協調性、自信、地域への愛着心などが育まれます。

安心して暮らせるまちづくり

花のまちづくりを通じてコミュニティが発達することは、まちの防犯にもつながり、安心して安全に暮らせるまちになります。