日本花の会

花のまちづくり

“花の社会性” とは

花は美しいとか華やかであるという単なる視覚的な側面だけでなく、見る人へはその心を和らげ、花に関わる人へは豊かな生活を実感させてくれるという側面をもっています。
花は人と人、人と社会をつなぐツールとしての無限の可能性を秘めており、花と人との係わり合い、花と社会との係わり合いの中で、花が社会に及ぼすプラスの影響のことを “花の社会性” と呼んでいます。
花のまちづくりは、この花の持つ社会性をまちづくりに活かす市民運動です。そして個人には質の高い生活をもたらします。

花のまちづくりにおける “花の社会性” の活用

“花の社会性”は、花のまちづくりの様々なステージで活用されています。花が世代を繰り返して、それぞれの土地に根付いていくように、花のまちづくりもこれらのステージの循環を繰り返しながら、それぞれの地域に定着していきます。