日本花の会

花のまちづくり

有形無形の社会資産を生む(地域らしさづくり)

花を介して住民の感性が高まり、コミュニティが発展し、ボランティア精神に満ちた花のまちづくりが展開されるようになると、まちの隅々まで目が行き届くようになり、 まち並みはさらにきれいになります。そうすると今までに気付かなかった地域の資産が見えてくるようになり、そのまちに相応しい独自の花のまちづくりが展開されます。花のまちづくりはこうして地域らしさを花の社会性で結実させます。

“花の社会性” の具体例

地域やまちのアイデンティティづくり

花や緑は地域らしさ、まちらしさを演出してくれます。このことがそのまちのイメージ定着に大きく寄与します。“花のあるまち”のイメージは住民の誇りの醸成、観光などの地域振興に大いに成果が見られます。

地域の歴史をつなぐ

歴史的なまち並みの保全にも花が活用されます。花を通じて地域の歴史を現代に呼び起こし、次世代に引き継ぎます。

昔から続く地域資産や景観を思い起こさせる

まちの景観は、そこに住む人には日常的なため、その良さに気がつかないことがあります。花を景観に添えることで、まちの景観を再認識し保全していく取り組みが始まります。

まちおこし・地域振興の原動力

花のきれいさや華やかさ、見事さは多くの人に感動を与えます。花による美しい景観やまちなみは観光などの地域振興や地場産業の振興にも寄与します。

安全で安心して暮らせるまち

自分の住んでいるまちを良くしようとする気持ちは共通です。花のまちづくりはそのような人たちが集まり活動することで、安全で安心して暮らせるまちになります。
花の生育状況に関心を持った住民が、まち中の花を見守る活動は、同時にまち全体を見守る活動につながっていきます。また、地域住民の参加でコミュニティが復活すると、犯罪の予防や災害に強いまちに生まれ変わります。

花で資産価値を高める

集合住宅においても花のまちづくりに居住者で取り組むことで、生活環境が向上し住民コミュニティも発展します。
花で飾られ、良好なコミュニティが形成されている集合住宅は人気も高まり、資産価値も高まります。

花のある空間に人が憩い、集う

花で彩られた美しい空間は人を惹き付けます。このような場所は地域のシンボルとなり、開花の状況に合わせて定期的にイベントが開催されるなど、地域の活動拠点として利用されることもあります。
管理の面では、草花の咲き具合によって定期的に人が集まるきっかけを作りやすいともいえます。

明確な目標と周辺設備

花をきれいに咲かせるという明確な目標は、よりきれいに見せるために周辺環境の整備にまで考えがおよびます。また、周辺が整備されることによって、ポイ捨て行為なども減少してきます。

花が企業市民をつくる

写真:

企業においても職場に取り入れることで、職場環境が快適となり作業効率が高まります。
また、花によって地域との係わりが高まれば企業が市民化し、より地域に貢献できる企業となります。