日本花の会

コマツビル屋上庭園

コマツビル屋上庭園

コマツビル屋上庭園は、コマツビルが建てられた1966年(昭和41年)当初からつくられ、日本の屋上庭園の先駆けといえます。

初めは“桜庭園”のみでしたが、コマツ創立80周年を記念して2001年に“デッキガーデン”を増設、さらにその2年後の2003年に“スクエアガーデン”をつくり、現在の庭園が完成しました。

3つの庭園は木製チップ舗装で繋がれ、都心のビル群の中にあって心地よい花と緑のオアシスになっています。

桜庭園

“桜で華やぐ空中庭園”

写真:“桜で華やぐ空中庭園”
開設
1966年(昭和41年)2月
面積
360平方メートル
地盤
屋上コンクリートの上に直接赤土や黒 土、富士山系の軽石を混合
植栽
シダレザクラ、サトザクラ類、シャクナゲ類、ウンナンゲッコウカ、スイフヨウ、宿根草など

ビル建設時に“空中庭園”として設けられ、シダレザクラをはじめシラカバやシャクナゲなど約200種類が植えられています。

屋上にもかかわらず、ビルの基礎と建物の構造を補強することで普通の土壌を用いることが可能となり、高木の樹木の生育が可能となりました。

昆虫が生息し夏にはセミも羽化します。野鳥も多く訪れ、屋上とは思えない本格的な庭園です。

デッキガーデン

“花に囲まれたくつろぎの空間”

写真:“花に囲まれたくつろぎの空間”
開設
2001年(平成13年)5月
面積
490平方メートル
地盤
屋上コンクリートの上に防根シート、排水マット、透水フィルターを敷き、土壌にはリサイクル資材を原料にした炭素入り多孔質セラミックを使用しました。
植栽
ビオラ、スィートアリッサム、ナツミカン、キイチゴ、サクランボ、アジサイ類、クレマチス、ハーブ類、クリスマスローズなど

広いウッドデッキが特徴の英国風庭園で、花壇には1年生や宿根草の草花、ハーブ類なども植えられ、訪れる人に憩いの場を提供しています。

サクランボや甘夏、カキ、レモン、ジューンベリーなどの果樹に加え、キイチゴ、ブルーベリー、ワイルドストロベリーなどの小果実も植えられ、それらを口にするのも楽しみのひとつです。

バリアフリーになっていますので、誰もが安心して花を楽しめるようになっています。

スクエアガーデン

“都内で山野草が見られる隠れスポット”

写真:“都内で山野草が見られる隠れスポット”
開設
2003年(平成15年)12月
面積
220平方メートル
地盤
わずか数センチの薄い地盤の上に軽石でマウンドをつくりセダム類とともに各種の宿根草を植えてあります。外周部には人工土壌を入れたパレットをならべ、四季に花咲く灌木類をあしらいました。
植栽
クリスマスローズ、ユリオプスデージー、原種チューリップ、プリムラ類、アネモネ類、ヒメシャラ、アジサイ類

薄い地盤の上に軽石でマウンドをつくり各種の花を植えてあります。
午後になると日陰になり風通しもいいところなので、その環境に耐える植物を植えて花を咲かせています。
都会のど真ん中で山野草も見られる隠れスポットです。

屋上庭園の一般公開

コマツビル屋上庭園は、毎週金曜日の14:00から16:00までの2時間、一般の方々もご覧いただけるように開放しています(最終受付15:30)。

なお、金曜日が休日や年末年始、夏季休業期間中などにあたる場合は、公開していませんのでご了承ください。

※金曜日以外に見学を希望される方は、下記までご相談ください。

【コマツビル屋上庭園についてのお問い合わせ先】

公益財団法人日本花の会 事務局
TEL 03-3584-6531
FAX 03-3584-7695