公益財団法人日本花の会

日本花の会Twitter 日本花の会Instagram

桜の名所づくり

長野県富士見町指定天然記念物 高森観音堂の枝垂桜の樹勢回復

樹勢回復工事

調査結果を受け、2008年に樹勢回復工事を実施しました。
調査結果から土壌環境の改善が不可欠と考え、土壌表層部の乾燥と地下部の過湿状態の解消を図り、同時に養分供給を促す土壌環境の改善方法を検討しました。

土壌環境改善のコンセプト

写真:土壌環境改善のコンセプト
【現況】

表層部と地下部で空気や水分の移行が望めない状態。

写真:土壌環境改善のコンセプト
【樹勢工事後】

土壌改良材を混ぜて埋め戻し、表層部と地下部で空気や水分の移行経路(バイパス)を確保し、細根の発根を促します。

【工事の数年後】

地表を落ち葉でマルチングしバイパスを増設することで、植栽基盤全体の土壌環境改善を図ります。

樹勢回復工事

  • 写真:樹勢回復工事
  • ←エアスコップでバイパス用の穴を掘った状態。
    1㎡当たりに1穴の割合で、掘り出した穴に完熟堆肥とボカシ肥を混入して埋め戻しました。


  • 写真:樹勢回復工事
    工事前(2008年4月4日)
  • ↓腐朽の進行防止のため、
    枯枝の除去を実施しました。
    写真:樹勢回復工事
    工事後(2008年4月24日)

工事完了後の様子

  • 写真:工事の成果
    2008年4月
1 2 3